読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサービスを作って潰すのが趣味な人のブログ

とりあえず作ってから怒られよう

【作ってみた】個人・サークル・小規模事業者向けのプレスリリースサイト「Picon!」を4日で作ってみた

f:id:vu2:20160809102812p:plain

夏コミは暑いので参加するか悩みますよね。

 

今年に入って既に4つめですがまた作ってみました。

  • どういうサイト?
  • なんで作ったの?
  • 技術的な話
  • 今後の展望

みたいな話を適当に語ってみます

 

実際のサイト 

piconl.com

  

どういうサイト?

f:id:vu2:20160809111629p:plain

Picon!はクリエイター向けのプレスリリースサイトです。企業向けのプレスリリースサイトと同じように個人が簡単にプレスリリースを公開出来ます

 

プレスリリースサイトって言うと、各種ニュースメディアに記事を流しているイメージですが今のところは提携先などは決まってませんのでとりあえずサイト上に記事をスタックしてそこからどうするか考えようと思っています

 

なんでこのサイトを作ったの?

1.クリエイターの宣伝サイトがない

social media

まずは宣伝したい側から

 

今一番宣伝に使われているサイトはなーんだ?……そう「Twitter」ですね

でもTwitterって「流れる&検索を期待していない」から「本当に情報がほしい人」に届かない可能性が高いんです

 

例えば「コミケ出展者」の情報を一覧で見たいと思った時にTwitterでどうやって検索すればいいかわかりますか?恐らく望まない情報が何十倍も出てくるので検索するのはかなり難しいですよね。宣伝する人は多いのにそれを見るのが難しい。そんなジレンマがTwitterには存在します

 

そういう問題を解決する方法の一つが「情報の集合化」で、例えばコミケ情報まとめサイトとかそういうサイトですね。こういうサイトの是非については置いといて、単純に「自分で情報をコントロール出来ない」というのは大きな問題です。使われたくない画像を載っけられたり不正確な情報を流されるのは疲れるので自分で情報を公開してコントロール出来る方がいいですよね?

 

→そこでPicon!です!

 

2.クリエイターの世界は宣伝していいのかよくわからん問題

Speaker

今度は宣伝を紹介する側から

 

クリエイターの世界はすごーーーく地雷が多いです。その分野の中では暗黙の了解みたいなのがありすぎてがんこ職人の寿司屋レベルで怖いです

 

このイベント良いな、と思って紹介したら「人が多くなりすぎるから宣伝するな。人のTwitterを勝手に晒すな」と怒られたこともあります(実話)

  • 何なら紹介していいの?
  • どの画像なら使っていいの?
  • 正式な情報はどれ?
  • どのページを紹介すればいいの?

こういう情報がまとまっていたら紹介する側としてもすごく気が楽ですよね?

 

→そこでPicon!です!

 

3.情報を一覧で見れない

cup'a list

最後に情報が欲しい側から

 

さっき書いたように「コミケ出展者の情報がみたい」と思った時に個人個人の宣伝がまとまっているサイトがありません。

またこういった種類の情報を一括でまとめることで「知らなかったものに出会う」事も増えます。

 

サイトを開けば色んなプレスリリースが一括で見られたらすごく便利ですよね?

 

→そこでPicon!です!

 

タイムスケジュール

想定していた機能

  • ユーザー登録
  • 記事の投稿
  • ユーザーフォロー
  • フォローユーザーの記事がマイページに表示
  • 記事への画像投稿
  • 記事のランキング(未実装)
  • 記事のタグ、カテゴリ検索

発展しようと思えばもっと色々詰め込めるのですがデザインを重視したかったのでとりあえずシンプルな機能でのリリースを心がけました。

 

8/1 初日

  • ドメインの取得
  • サーバーの設定
  • CDNの設定
  • オブジェクトストレージの設定
  • Redisの設定
  • Railsプロジェクトの作成
  • ユーザー登録機能を作成(Twitter&メールアドレスで登録)
  • 記事投稿

相変わらず初日は環境構築に時間がかかります

 

8/2 二日目

  • フォローされた時やコメントされた時にメールで通知
  • マイページ(タイムライン)の作成
  • フォロー機能の作成
  • デザインの調整

こう見ると全然何もやってないように見えますがかなり作業しました。ユーザーの個別ページだったり、記事ページのデザインだったりはやっぱり時間がかかります。ノンデザイナーなので雰囲気程度でも作るのに大変な苦労があるのです。

 

8/3 三日目

  • ドメインの再取得
  • デザインの調整

午前中寝すぎたせいであんまり作業できませんでした。このサービスもドメインを再取得。最初は「indexs.net」だったのですがpicon!(ぴこーん)って可愛いよね、となって変更しました。

 

8/4 最終日

  • 記事に画像をアップできるように
  • バグ修正
  • トップページの情報を増やす
  • 検索機能の作成

 画像アップ周りが泥沼でした。記事に対して複数の画像を紐付ける形ですが、もうやりたくないです……

 

例えば検索デザインはこんな感じ
  1. f:id:vu2:20160809121957p:plain
  2. f:id:vu2:20160809122035p:plain
  3. f:id:vu2:20160809122100p:plain

 こうやってスクショで見るとなんだか面白いですね

 

 技術的なお話

Ruby on Rails

 今回大変だったのはやっぱりデザインですね。あまりにダサいと使ってもらえないと思ったのでちょっと頑張りました。最初に作ったデザインから結構変わってます。

 

初版

f:id:vu2:20160809122537p:plain

 

現在

f:id:vu2:20160809122625p:plain

 

プログラムだけで今は手一杯ですがそのうちデザイナー的な事も出来るようになりたいなー……

 

 

今後の発展先

arrow

うーん(゜-゜)

使ってもらえたら楽しいと思うけど、使ってもらえない可能性もありますよね。発展先という話だとやっぱりニュースサイトに記事を流すのが目標でしょうか

わりと完成に既に近いと思うので特に大きくテコ入れする可能性は低そうな気がします

 

コスト的なお話

おなじみの構成

 

Culonのランニングコスト

  • ドメイン 200円/月
  • メインサーバー 1,000円/月
  • Redisサーバー 1,000円/月
  • CDNサーバー 1,000円/月
  • DBサーバー 100円/月 (1台に10サービス載せてます)
  • 容量課金 4.5円/1GB/月

ということで「3,300円+容量課金」となります。

 

機能面

仕様的な話です

1.テキストベースの投稿

f:id:vu2:20160809123023p:plain

今回は「装飾0」

唯一画像投稿が可能です

 

2.カテゴリ+タグ表示

f:id:vu2:20160809123139p:plain

今まで作ったサイトで一番ポータルサイト感がある気がします

 

よかったら使ってね!!!!!

夏コミはもう間近なので冬コミにあわせて何かしらイベント打とうかな-とのんびり考えています。

 

 

開発系の記事なのでこれも貼っておきます:D

 

 またね~