Webサービスを作って潰すのが趣味な人のブログ

とりあえず作ってから怒られよう

【Conoha】DBサーバーで用意されているPHPMyAdminにアクセスする方法

f:id:vu2:20151202205807p:plain

 

ConohaのDBサーバーを利用するとPHPMyAdminが最初から導入されているので簡単にアクセスすることが出来ます(PHPMyAdminで直接データいじるのはミスの元なのでやっちゃダメですよ)

手順が若干めんどくさかったのでメモ程度に残しておきます。(※DBサーバーの作成とデータベースの作成までは終わったという前提で)

 

1.PHPMyAdmin用のユーザーを作成する

f:id:vu2:20151202210144p:plain

ユーザー作成画面のユーザー権利を「phpMyAdminユーザー」にしないとダメなのでお忘れなく。無事に作れるとこんな感じで表示されます。

f:id:vu2:20151202210340p:plain

 

2.接続先データベースを選択する

f:id:vu2:20151202210442p:plain

このPHPMyAdminアカウントでアクセスするデータベースを一件選んでください。複数のDBにアクセスしたい場合はDBの数だけユーザーを量産しないとダメです。選択後右下の「保存」を忘れずに。無事に選択できたらこんな感じで、さっきまで空だった接続先データベースの部分に選択したデータベース名が表示されるようになります。

f:id:vu2:20151202210638p:plain

 

3.PHPMyAdminを開く

f:id:vu2:20151202210750p:plain

管理ツールと書いてあるリンクからPHPMyAdminを開きます。みなさんが普段見慣れているもの違って「サーバ」という項目があるのですが、これはさっきユーザーを作ったページの上の方にある「データベースリスト」「接続先ホスト名」を入れてやれば大丈夫です。

f:id:vu2:20151202211010p:plain

privateとpublicどっちもログインできるのですがどっちを使うべきとかあるのでしょうか?(教えてスゴイ人

 手順は以上です。再度になりますがPHPMyAdminは眺めるだけにしましょうね(戒め