Webサービスを作って潰すのが趣味な人のブログ

とりあえず作ってから怒られよう

【追記あり】「実際さくらのVPSとConoHaのVPSってどっちがおすすめなの?」さくらとConoHaあわせて累計200万円以上使っている僕が説明してみる

f:id:vu2:20150628073225p:plain

「実際のところさくらのVPSとConoHaのVPSってどっちがおすすめなの?」

 

勉強会なんかに参加すると決まって聞かれるのがコレ

みなさんVPS選定には苦労しているみたいですね。気持ちはすっごくよくわかります。僕も昔は安いからって理由でosukiniサーバーを使ってみたり、HDDが多いからってことでCloudCoreを使ってみたり様々な紆余曲折がありました(遠い目

今はさくらとConoHaしか使っていませんがホントVPS選びって大変ですよね!

 

両方のサービスを使っている個人の中では結構な金額を突っ込んでいると思うので、ある程度信憑性はあると思います。とは言ってもそっち系の専門職じゃないので細かい部分はわかりません、分かる範囲でメリット・デメリットに触れてみようかと思います

 

さくらVPSのイケてるところ

さくらは何と言っても「安定性」と「サーバースペック」がピカイチです。長い間業界を牽引してきた事もあり、企業から初心者、老若男女問わずにどれか一つをおすすめするなら「さくら」という信頼と実績があります。

 

例えば格安サーバーであればありがちな「接続断」(サーバーにアクセス出来なくなる)が5年間のレンタルでたったの1回しかおきませんでした。(※2011年当時、他の格安VPSは最低月に1回は発生していたのでさくらがどれだけ信頼性が高いかよくわかる)

 

サーバースペックに対する料金比も常に高水準であり無料試用期間も2週間とたっぷり、用意されるスペックも比較的良くSSDとHDDを選ぶことも出来る上にネット転送も安定していてローカルネットワークも対応しています。機能面でも値段面でも不満は殆どなく、最初に書いたとおり本当に「信頼と実績」があるのでこれを選べば間違いは絶対ありません。

 

料金プランも明確で(一部サービスのように)しょっちゅうセールをやったりしないためその点でも安心感があります。

 

さくらのイケてないところ

まず1つに「初期費用が高い

初期費用に大体1ヶ月分の値段がかかります。これって例えば最上位のプランであれば3万円も余計にかかってしまうわけで……最近の初期費用格安&無料ブームを見るにサーバーを借りるだけでこの値段がかかるのはかなりのデメリットなのではないでしょうか。

 

次に「解約までに余計なお金がかかる

これ、本当にどうにかして欲しい。すごく残念な気持ちになります

さくらは解約する場合「前月の20日までに」解約申請する必要があり、それを過ぎた場合翌々月解約になってしまいます。

サーバーを解約するのって大抵の場合は「次に移るから」だと思うんですよ、今のスペックじゃ足りなくなったからさくらの上位サービスに移るために解約しても翌月までお金がかかるから「1ヶ月+日割り分まるまる損

翌月止まるサーバーにサービス乗っけ続けられるわけもなく、新しい使い道も勿論なく1ヶ月ただ止まってるだけのサーバーにお金を払わされることになるわけです。

 

例えば「5000円/月の今のサーバーのスペックが足りなくなって上位の1万円/月のサーバーに乗り換えたら」初期費用無料&解約日割りのサービスに比べていくら高くなると思いますか?

 

5000円サーバーの初期費用(5000円)+翌月のサーバー費(5000円)+1万円サーバーの初期費用(1万円)ということで……なんと2万円も無駄にかかります

 

これは本当に大きなデメリットだと思います

 

3つめ「契約後スペックを変更できない」 

最近はやりのクラウドと違い固定スペックを提供するVPSなので用意されたプラン以外を選択できず、契約後の変更もできません。これ自体はデメリットというか普通のことなんですが、成長するサービスの場合上の解約ルールと相まって極悪な事になっています。

スペックが変更できれば新たに初期費用がかからないんですがさくらの場合スペックが足りなくなったら上位プランに移動するしかなくなります。そうすると移動の手間、新たにかかる料金すごく鬱になりますね。

 

さくらのVPSに対して他に言いたいこと

……とは言っても、先ほども言ったように「信頼と実績」のさくらなのでこれを選んでおけば間違いはありません。解約ルールに関しても別に業界として酷いわけではなくむしろ他のサービスも日割りのところを除けばそんなもんなので取り立ててさくらが悪いわけではありません

あともう一個言うならマスコットキャラクターがあんまりかわいくな……次行きましょう!

 

ConoHaのイケてるところ

f:id:vu2:20150628081106p:plain

サーバーのスペックとスペックに対する料金などはさくらとあまり変わりませんが何と言っても「初期費用0&日割り計算」が大きなメリットでしょう

さらに「契約中のスペック変更が可能」でありニーズにあわせて柔軟なサーバーを当てることが可能です。このスケーラブルなシステムというのは個人Web製作者にとってはとてもありがたいもので「人が増えてもスペックを上げればいい」という将来への担保は本当に素晴らしいと思います。

さくらに比べると用意されているOSの量がとても多く「テンプレート」という仕組みを用意しているため1クリックでワードプレス、GitLiteなどの環境を作ることも可能です。

後は自動バックアップ(有料)つきのMariaDBが用意されている(プライベートネットワークで簡単に接続できる)というのもメリットだと思います。少し規模が大きくなったらどうせDBサーバーは建てないといけないのですが自前で建てた場合、さくらの場合だと「メモリの大きい上位のプランを借りれば高すぎるし、アクセス数に応じてサーバーを借り換えたら費用がかさむし」できついものがあります

その点バックアップつき(300円/月)のDBサーバーが10GBあたり500円/月程度(多分)で借りれるのはすごいメリットではないでしょうか

 

ConoHaのイケてないところ

一つが「品質が未知数

はっきり言って以前のConoHaの品質はあまりよくありませんでした。(体感)週に1度程度30分くらいの接続断があり、メインとして使う気は全くありませんでした

しかし、最近リニューアルして新ConoHaになってからはイメージが一転。まったく切断されなくなり(今のところ1ヶ月で1回数秒だけ?)とても安定しています。以前のConoHaと比べてまったく別物と言っていいと思います。

これに関して詳しくないので僕はよくわかりませんが、多分クラウドのシステムってかなり大変なんだと思います。上で散々褒めちぎったさくらの発表したクラウドサービスも品質が散々で「お金をもらうレベルじゃない」と社長が返金&無料提供した〜なんて過去がありますし、KDDIのCloudCoreも切断が多くてひどい有様でした。

それらを踏まえて考えればサービス提供の初期に安定しないのはむしろ普通でそれを乗り越えたらある程度大丈夫なんじゃないかなーとかなり楽観的に考えています。

勿論ここは人によっては絶対許容できない大きなデメリットになると思います。

 

次が「ドキュメントが少ない

老舗のさくらに比べればやはりドキュメントが非常に少ないです。また、新サービスに移行した事もあり公式サイトのドキュメントですら薄い状況です。

これも人によってはデメリットなり得るのではないでしょうか。ただ、VPS限定の問題というのはそんなに多くないので個人的にはそこまでではないかなーと思います。

 

ConoHaに対して他に言いたいこと

xn--y8j1ek.com

キャラクターが可愛いです

正直言ってこれが2割……いや、3割くらいあります

 

※ConoHaのオブジェクトストレージというのがもうめっちゃ素晴らしいサービスなんですが、これに関してはさくらからでも使えるのでここでの評価からは外しました

blog.tohuya.com

 

ついでに紹介URL貼っておきます。ここから登録すると1000円分?2000円分?クーポンがもらえるので興味ある人はよかったらどうぞ。

普通に登録するとクーポンもらえません。 

ConoHa - スマート&パワフルなクラウドの新提案。ひと月900円から。

f:id:vu2:20150628083432p:plain

 

結論としてどっちがいいの?

 

絶対とめられないサービスなら「さくら」

 

未来のあるサービスなら「ConoHa」

 

だと、僕は思っています。

 

スケーラブル(構成を途中で変更できる)なVPSと言い、予め用意された豊富なテンプレートと言い、DBサーバーと言い、初期費用のない日割り計算のレンタル費用と言い

ConoHaで提供される全てが「未来の手間をなくす」事につながっているかな、と思います。個人でやっている人はみんな思うことだと思いますけど「とにかく手間を無くしたい」んです。

 

僕が作ったサービスが将来めっちゃヒットするかもしれない

 

誰だってこの夢を持ってサービスを公開するんです。そんな時にさくらであれば余計なお金を沢山かけてサーバー構築しなおしてデータ転送をしなければならない。その間にサーバーの負荷が増えてユーザーにストレスを与えてしまうかもしれない、もっと言うと離脱してしまうかもしれない。しかしConoHaであれば簡単にスペックを増減できる。

僕はこのあるかわからない未来のためにWebサービスを作っているので今はConoHaをメインにしています。

※もちろんさくらで運営しているサービスも同じくらいあります

 

どっちがいいと単純には言えないので両方おすすめしましたが、個人Webサービス運営者におすすめするという一点で言えばConoHaかなーと思っています。

 

 

追記

未だにボチボチアクセスがあるので追記ですが

さくらVPSはこの記事公開後すぐに解約翌月の費用がかからなくなりました

 

Conohaはここ1年くらい接続断を観測していません

以上です