読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサービスを作って潰すのが趣味な人のブログ

とりあえず作ってから怒られよう

【環境構築】Ubuntu14.04にRbenvを導入しRuby2.2を利用できるようにするまでの手順

Rails 環境構築 Ubuntu

Ubuntu

開発PCもサーバーもUbuntuで統一するのが楽だと気付いたktです。


僕はWebサービスを作るときはもっぱらUbuntu+Railsでやるんですが、毎度毎度検索するのも面倒なので大体の作業をバーっと書いておくことにしました。セキュリティ面などは知識がないのでカットしてます。実運用の際はファイアウォールの設定やブルートフォースアタック対策などは最低でもすべきです。信頼できる人の記事を読んでやってみてください:D


さて本題。
今回は自分が構築する時に行っている手順をメモしておきます。Ubuntuをクリーンインストールしたところから開始です。

更新作業

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

インストール時にネットにつながっている環境であれば更新まで自動でやってくれますが一応やっておきましょう

必要なライブラリなどをインストール

sudo apt-get install -y build-essential
sudo apt-get install -y libreadline-dev libssl-dev zlib1g-dev libssl-dev
sudo apt-get install -y git-core curl
sudo apt-get install -y libreadline6 libreadline6-dev
sudo apt-get install -y libmysqlclient-dev
sudo apt-get install -y libffi-dev
sudo apt-get install -y nodejs

 

その他同時にいれてしまうもの

sudo apt-get install -y sqlite3 libsqlite3-dev # SQLite
sudo apt-get install -y libxslt-dev libxml2-dev # Nokogiri(kaminari等)
sudo apt-get install -y imagemagick # MiniMagick RMagick

 

Rbenv+Ruby-Buildの導入

git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
source ~/.profile
echo 'gem: --no-ri --no-rdoc' >> ~/.gemrc

 

rubyの導入

rbenv install -l #=> 一覧でインストールできるバージョンが表示されます
rbenv install 2.2.0
rbenv global 2.2.0 #=> 2.2.0をデフォルト利用

 

エラー文一覧

ついでにエラーログで検索できるようにライブラリをインストールしなかった場合のエラー文も貼っておきます

libffi-devを導入しなかった場合

BUILD FAILED (Ubuntu 14.04 using ruby-build 20150116-10-g4c1f884)

Last 10 log lines:
collect2: error: ld returned 1 exit status
make[2]: *** [../../.ext/x86_64-linux/fiddle.so] Error 1
make[2]: Leaving directory `/tmp/ruby-build.20150130205017.11858/ruby-2.2.0/ext/fiddle'
make[1]: *** [ext/fiddle/all] Error 2
make[1]: *** Waiting for unfinished jobs....
linking shared-object io/console.so
installing default console libraries
make[2]: Leaving directory `/tmp/ruby-build.20150130205017.11858/ruby-2.2.0/ext/io/console'
make[1]: Leaving directory `/tmp/ruby-build.20150130205017.11858/ruby-2.2.0'
make: *** [build-ext] Error 2

 

nodejsを導入しなかった場合

`autodetect’: Could not find a JavaScript runtime. See for a list of available runtimes.(ExecJS::RuntimeUnavailable)

 

最低限ですがこんな感じである程度のRailsプログラムは動くかと思います
最初にも書きましたがセキュリティ面は全部省いているのでちゃんと設定しないと怖いおじさんに攻撃されちゃうので気をつけましょうね

またね~